人気ブログランキング |
ブログトップ

掛川・中央自動車 

cjidosha.exblog.jp

<   2018年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

スマート フォーフォー 地デジチューナー取付

こんにちは、掛川中央自動車 Kです。
いつもブログにアクセスしていただきありがとうございます。まだまだ寒い日が続きます、みなさんもそしてお車も元気でありますように。
冬のトラブルナンバーワンはバッテリのトラブル、早めの点検交換で出先での寒い思いもありませんよ。是非お声かけ下さい。

今日のお車はこちら
スマート フォーフォー 地デジチューナー取付_c0267693_17472394.jpg
最新型のスマート、4ドアモデルのフォーフォーです。
相葉君のCMでだいぶメジャーになったスマート。町で見る機会も増えていますね。
こちらのお車、ポータブルタイプのカーナビゲーションがついているのですが、ワンセグのテレビ放送しか受信できません。
「テレビをもっとクリアに見たい!」とのご要望で地デジチューナーを追加でお取り付けさせていただきました。
スマート フォーフォー 地デジチューナー取付_c0267693_17474574.jpg
ステレオの上にあるクレードル(取付端子)をつかってスマートに装着されているナビ。
さあここにどうやって地デジチューナーを入れ込もうかと思案。
スマート フォーフォー 地デジチューナー取付_c0267693_17475472.jpg
取付させていただたのはパイオニア製の地デジチューナー。
隣の青い箱の配線をつかって入力させます。
スマート フォーフォー 地デジチューナー取付_c0267693_17474997.jpg
スマート フォーフォー 地デジチューナー取付_c0267693_17472912.jpg
ステレオのAUX(外部入力)を使い、音声はカーオーディオから。
ナビ側面のバックカメラ入力端子を使い、映像はナビ本体から映し出すことができます。
スマート フォーフォー 地デジチューナー取付_c0267693_17473999.jpg
ワンセグではざらついた画面もフルセグではこのとおり、綺麗な映像になりました。
これで助手席や後席のみなさんも退屈せずドライブを楽しんでいただけます。
欧州車の多くはデザインが統一感のとれたオーディオが標準装着されていて、そこは崩したくないなあ、というご要望も多いです。
遠慮なくご相談下さい、私たちのソリューションで解決します!
ではまた、掛川中央自動車Kでした。




by chuo-jidosha | 2018-02-23 10:55 | benz

プジョー207 警告灯点灯修理(サーモハウジング交換)

みなさんこんにちは、掛川中央自動車 Kです。まだまだ寒い毎日ですが、風邪などひかれてませんか?工場で整備をしていると「さむぃ!」と思う日もあって体調管理には気をつけています。
今日のお車はこちら
プジョー207 警告灯点灯修理(サーモハウジング交換)_c0267693_16390920.jpg
プジョー207です。フランスのベーシックカーですが、この大胆な顔つきにはいつも驚かされます。
ご依頼は「エンジン警告灯が点灯した」とのこと。
故障診断機で確認をすると、冷却水関連のメモリ入力がありました。
規定の温度まで冷却水温度が上がらないと、モニタリングしているコンピュータが異常を検知、ランプを点灯させる仕組みです。
プジョー207 警告灯点灯修理(サーモハウジング交換)_c0267693_16395942.jpg
交換した部品が右、新品が左です。
冷却水温度を調整する「サーモスタット」という部品です。
このユニットに温度センサーも内蔵されており、先程お話しした水温管理を行っています。
プジョー207 警告灯点灯修理(サーモハウジング交換)_c0267693_16395173.jpg
部品のついている場所は写真の赤丸のところ、エンジンの側面です。
赤丸部にアクセスするのに青丸部にあるバッテリ等もはずしますので、かなりエンジンルームがすっきりします(笑)
部品交換、十分な試運転を行い無事お返しすることができました。

おかげさまで最近はドイツ車以外の欧州車のご入庫も増えています。
私たちの整備そして部品供給のネットワークを活用して、安心してお乗り頂ける整備を行わせていただきます。
お困りの際はぜひお声かけ下さいね。

掛川中央自動車 Kでした。


by chuo-jidosha | 2018-02-16 09:14 | france

フィアット500 ツインエアー 車検整備 デュアロジックオイル交換他

みなさんこんにちは、掛川中央自動車 Kです。
まだまだ寒い日が続きます、エンジンのかかりが悪い時はありませんか?それはバッテリ交換時期のサインかもしれません。
バッテリ交換などのご用命もおまちしていますね。

今日のお車はこちら
フィアット500 ツインエアー 車検整備 デュアロジックオイル交換他_c0267693_16451330.jpg
フィアット500のターボモデル、ツインエアーPOPです。
「ボサノバホワイト」のボディカラーと真っ赤なシートの色あわせが人気の一台です。
5年目の車検整備でご予約をいただいていたのですが、ご予定日の3日前に「バッテリが上がってかからない、、」とお電話をいただきそのままお預かりとなりました。
通勤の長いお客様ですので車の調子そのものは極めて快調ですが、消耗品の交換時期が重なりいろいろと整備をさせていただきます。
走行距離は5年で70000kmを越えています。
フィアット500 ツインエアー 車検整備 デュアロジックオイル交換他_c0267693_16453733.jpg
フロントブレーキパッド(残量3mmでした)
フィアット500 ツインエアー 車検整備 デュアロジックオイル交換他_c0267693_16454330.jpg
ファンベルト(ひび割れが進んでいます)
フィアット500 ツインエアー 車検整備 デュアロジックオイル交換他_c0267693_16453274.jpg
スパークプラグ(ツインエアー車は早めの交換がおすすめです)
そしてこのブログでも度々登場しているデュアロジックオイル。
フィアット500 ツインエアー 車検整備 デュアロジックオイル交換他_c0267693_16460116.jpg
交換前(前回交換から30000km)
フィアット500 ツインエアー 車検整備 デュアロジックオイル交換他_c0267693_16460700.jpg
タンクを外して洗浄します
フィアット500 ツインエアー 車検整備 デュアロジックオイル交換他_c0267693_16455674.jpg
綺麗なオイルになりました。
フィアット500 ツインエアー 車検整備 デュアロジックオイル交換他_c0267693_16461206.jpg
今回はギア機構のオイル(ミッションギアオイル)も交換させていただきます。
交換ののちに
フィアット500 ツインエアー 車検整備 デュアロジックオイル交換他_c0267693_16455020.jpg
故障診断機で学習値をリセット、初期化を行います。
フィアット500 ツインエアー 車検整備 デュアロジックオイル交換他_c0267693_16452750.jpg
今回の交換部品です。バッテリ、エアクリーナ、エアコンフィルタ、ワイパーブレード、ブレーキオイル も交換させていただきました。
車検の合格不合格には関係の無い部品もありますが、こういった機会に一掃していただくと、その後の2年間は本当にオイル交換だけで整備が済んでしまうお車も多いです。
いつもご入庫ありがとうございます、またのご来店をおまちしております。

車検は国の制度ですので必ず回ってきます。その機会をお車のいたわり時期と思っていただき、しっかり整備をされることをおすすめします。
整備に対してちゃーんと答えてくれるのがクルマという機械の面白いところだなと思います。

ではまた、掛川中央自動車 Kでした。


by chuo-jidosha | 2018-02-09 08:32 | fiat

アルファロメオ MITO(ミト) パワーステアリング修理

こんにちは、掛川中央自動車 Kです。いつもブログを読んでいただきありがとうございます。
最近はGOOGLEの検索やYAHOOの検索から見えていただく方も多く、アクセスが多くうれしい限りです。

今日のお車はこちら
アルファロメオ MITO(ミト) パワーステアリング修理_c0267693_16242288.jpg
アルファロメオの小型モデル MITO(ミト)です。
ボリューミーに見えますが、大きさはBMWミニと同じくらいで取り回しもしやすく女性に人気の一台です。

ご依頼は「メーター内にパワーステアリングの警告灯が時々点灯する」
ハンドルが重くなることも一回有ったとのことで、早めにお預かりをさせていただきました。
故障診断機で診断したところ、電動パワーステアリング内部の部品(センサー)に不具合があることがわかりました。
ただ、センサーは単品の供給が無くパワーステアリングユニット全体での部品交換になります。
新品部品は150000円、今回は中古部品をご用意させていただきリーズナブルに修理させていただくことになりました。
アルファロメオ MITO(ミト) パワーステアリング修理_c0267693_16235608.jpg
アルファロメオ MITO(ミト) パワーステアリング修理_c0267693_16244510.jpg
パワーステアリングユニットは室内のハンドルの下にあります。
ここまで取り外しをして
アルファロメオ MITO(ミト) パワーステアリング修理_c0267693_16241255.jpg
この部品を交換します。
パワーステアリングもいまは電気のモーターで動かす車種がほとんどです。
(以前はオイルをつかった油圧制御のものが多かったです)
大きくしっかりと重みのあるモーターがついています。
交換後、故障診断機による基本調整、試運転を行い無事お返しすることができました。ご入庫ありがとうございました。

余談ですがこの故障部品を分解してみました。
故障箇所のセンサーは見た目ではなにが悪いのかさっぱりわかりません。
診断機をつなぎながら動きを擬似的に作ってみると、ほんのちょっとした動きでセンサーの値が変化するのが見えましたが微調整が非常にむずかしく、メーカーがこのセンサーを単品で供給しない理由がわかった気がします。

ではまた、掛川中央自動車 Kでした。




by chuo-jidosha | 2018-02-02 13:09 | alfaromeo