人気ブログランキング |
ブログトップ

掛川・中央自動車 

cjidosha.exblog.jp

<   2017年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

BMW 318i E46 運転席パワーウインド修理

みなさんこんにちは、掛川中央自動車Kです。
いつもブログをみていただきありがとうございます。だいぶ冷え込む朝がふえてきましたね。
先日は富士山が綺麗に冠雪していて「冬だなあ」と思いました。

今日のお車はBMW 318iステーションワゴン
(今回、車両写真を撮り忘れてしまいました、、、スイマセン)
ご依頼項目は「運転席の窓を開けようとしたところ、ガガガと音がする」
BMW 318i E46 運転席パワーウインド修理_c0267693_10452694.jpg
ドアの内張りを外して点検をします
BMW 318i E46 運転席パワーウインド修理_c0267693_10450613.jpg
ガラスを特殊工具(赤い工具です)で押さえてドアの中の部品を外して点検します。
BMW 318i E46 運転席パワーウインド修理_c0267693_10451204.jpg
これがドアの内部でガラス窓を上げ下げしている部品、ウインドリフターです。
BMW 318i E46 運転席パワーウインド修理_c0267693_10451930.jpg
ガラスとの接続部分に部品の折れがあり、ウインドリフター本体から外れてしまっています。
この場合、ウインドリフター全体の交換が必要です。
作業を実施し、ガラス窓もきれいに清掃しお客様にお返しすることが出来ました。

「窓落ち」とよく言われますがこの部分の不具合でガラス窓の開閉不良になること
欧州車では残念ながら時々発生します。
後席などあまり窓を開けない箇所を開ける際、異音がしたら触らずそのままご入庫いただければすぐ整備可能です。

ではまた、掛川 中央自動車 Kでした。

by chuo-jidosha | 2017-11-24 08:27 | BMW

11月24日金曜日折込に先行してお知らせです

11月24日金曜日折込に先行してお知らせです_c0267693_15043598.jpg
店内展示場でぜひごらんください
おかげさまで、この週末(11月25,26日)でご成約いただいた車両もございます。
同型車をお値打ちでお探しすることもできますので、是非お声かけ下さい。
お問い合わせ、ご来店お待ちしております。


by chuo-jidosha | 2017-11-21 15:05 | benz

リンカーン アビエータ ブローバイホース 修理

みなさん、こんにちは。掛川 中央自動車 Kです。
おクルマは調子よく乗っていただいてますか?小さなことでも気になることあれば、遠慮なくお声かけくださいね。

今日のお車はこちら
リンカーン アビエータ ブローバイホース 修理_c0267693_10481879.jpg
リンカーンのSUV アビエータです。ナビゲータは日本でもおなじみですが、その弟分です。
アメリカ本国でも生産期間が短く、日本に輸入されている車両は貴重ではないかと思います。

定期点検でご入庫いただいたのですが、エンジンをかけると「シュー」と大きな音がしています。
お客様は気になられていなかったのですが、点検の中で原因がわかりました。
リンカーン アビエータ ブローバイホース 修理_c0267693_10475178.jpg
エンジンカバーを外して
リンカーン アビエータ ブローバイホース 修理_c0267693_10475967.jpg
エンジン後方の左側
リンカーン アビエータ ブローバイホース 修理_c0267693_10480552.jpg
ブローバイホース(エンジンオイルの蒸発ガスを循環させるホース)に破損がありました。
ここはエンジンの空気の吸い口に通じていますので、破れたままですとシュー音の原因となります。
部品の入荷まで日数があったため、写真のように応急処置を施しました。
リンカーン アビエータ ブローバイホース 修理_c0267693_10481167.jpg
これがブローバイホースです。
アメリカよりの輸入待ちになりましたので一旦お返しし、後日正規部品に交換をさせていただきました。

私はマイカーが1600CCの車なのですが、5000CCのアビエータを長く試運転したあとで「いいなあ大きい車は」と思った次第です。
気持ちがゆったりするアメリカ車、弊社でも多数お取り扱いがありますので、ぜひお声かけ下さい。

ではまた、掛川中央自動車 Kでした。


by chuo-jidosha | 2017-11-17 12:30 | America

メルセデス ベンツ C180(W203)ステーションワゴン ハンドル周り 修理

みなさんこんにちは。掛川 中央自動車 Kです。
まだ秋ですが、お車の冬の準備、考えられていますか?
例年12月ころにはスタッドレスタイヤのご相談をうけるのですが、人気のサイズは品切れということもありお待たせすることもあります。
ウインタースポーツのご予定のある方、ご予約はお早めにどうぞ。

今日のお車はこちら
メルセデス ベンツ C180(W203)ステーションワゴン ハンドル周り 修理_c0267693_10491796.jpg
メルセデスベンツ C180ステーションワゴン(W203)です。
漆黒のボディーカラーがよくお似合いですね。
ご依頼項目は「ハンドルの位置が固定されない(チルトステアリング不具合)」です。
ハンドルの高さや前後位置は「チルトステアリング」という機構で調整ができますが、その部分のロックが出来ずグラグラしていました。
メルセデス ベンツ C180(W203)ステーションワゴン ハンドル周り 修理_c0267693_10491072.jpg
メルセデス ベンツ C180(W203)ステーションワゴン ハンドル周り 修理_c0267693_10490318.jpg
メルセデス ベンツ C180(W203)ステーションワゴン ハンドル周り 修理_c0267693_10485799.jpg
ハンドル廻りを分解してようやくここまでたどり着きました。
この奥に「チルトステアリング機構」の作動部が入っています。
メルセデス ベンツ C180(W203)ステーションワゴン ハンドル周り 修理_c0267693_10484398.jpg
メルセデス ベンツ C180(W203)ステーションワゴン ハンドル周り 修理_c0267693_10483614.jpg

メルセデス ベンツ C180(W203)ステーションワゴン ハンドル周り 修理_c0267693_10484841.jpg
原因は2枚目の写真の箇所。
機構をロックする部分にプラスチックパーツがあるのですがひび割れをおこしており、ロックが効かない状態でした。
機構全体の交換ですと高額な修理になりますが、破損箇所の小パーツが取り寄せ可能でしたので分解し交換をします。
また、逆手順でくみつけて無事お返しすることができました。

ではまた、掛川 中央自動車 Kでした。



by chuo-jidosha | 2017-11-10 08:13 | benz

発炎筒のこと~傷ましい事故を防ぐために

みなさんこんにちは。掛川 中央自動車Kです。
いつもブログを読んでいただきありがとうございます。
明日の文化の日から3連休、という方もいらっしゃいますか?
ドライブ前の点検はぜひお声かけくださいね
今日はいつもと少し違うお話を。

先日、高速道路で傷ましい事故がありました。
http://www.sanyonews.jp/article/613956/1/
高速道路上に異物(トラックのスペアタイヤと聞きました)があり、気づかず乗り上げてしまい走れなくなってしまった。
危険を感じ路肩(ガードレールの外に出ていたそうです)にでて連絡をしている最中に、別の車両が突っ込み横転した車両が路肩に飛び出し。
その車両の下敷きになり2人の方がなくなられたそうです。

ガードレールの外に出るという対処は良かったのですが、結果的に亡くなられてしまったのは悲しいことです。
そんなとき、皆さんはどうされますか?

発炎筒のこと~傷ましい事故を防ぐために_c0267693_16322259.jpg
皆さんのお車の助手席の足元に「赤い筒」があるのをご存知ですか?
発炎筒という物です。車検の整備伝票をよくお読み頂いている方は名前はご存知かもしれません。
これは車両への装備が義務付けられている安全装備で、4年に一回の交換が定められています。
(期限切れですと車検に合格できません)
発炎筒のこと~傷ましい事故を防ぐために_c0267693_16322956.jpg
使われたこと、ありますか?
使い方のわかりやすい動画がありましたのでご覧下さい。神奈川トヨタさん、ありがとうございます。

この明かりと煙で後続車に自分の車両の異常を知らせることが出来ます。
高速道路での事故処理等で使っているのを見られた方もいらっしゃるでしょうか?
高速道路だけでなく、一般道や踏切のトラブルなどでも有効な品物です。

高速道路ではドライバーの動体視力も狭まりますし、夜間であればなおさらのことです。
自分の身を守るためにも、ぜひ発炎筒の使い方を覚えておいてください。

安全運転、事故の無い社会、私たちの願いです。
掛川 中央自動車 Kでした。



by chuo-jidosha | 2017-11-02 08:11 | seibi