人気ブログランキング |
ブログトップ

掛川・中央自動車 

cjidosha.exblog.jp

カテゴリ:europe( 14 )

ボルボ V40 エンジンマウント交換

みなさんこんにちは、掛川 中央自動車 Kです。
今日明日から結構な寒波がやってきそうですね。雪の装備、準備は万端でしょうか?
今日のお車はこちら
ボルボ V40 エンジンマウント交換_c0267693_18220828.jpg
ボルボの小型ハッチ V40です。
「信号待ちで止まっていると、振動が多いような」とのお話でご入庫頂きました。
確かにDレンジでブレーキを踏んでいると、以前より振動が大きくなっています。
ボルボ V40 エンジンマウント交換_c0267693_18085945.jpg
エンジンルームにエンジンとボディを繋いで、マウントという部品があります。
ボルボ V40 エンジンマウント交換_c0267693_18090819.jpg
取り外してみると、ゴムの部分にへたりがみられました。交換後は新車の様な振動のない状態に戻りました。
50000km、4年でしたがボルボの場合、ゴム部が柔らかめの設定になっているようですね。
ご入庫、ありがとうございました。

ではまた、掛川 中央自動車 Kでした。

by chuo-jidosha | 2020-01-23 18:28 | europe

VOLVO V70 サーモスタット交換

みなさんこんにちは、掛川 中央自動車 Kです。
あっという間に今年も10月、スタッドレスタイヤのご予約はお早めにどうぞ。
本日のお車はこちら
VOLVO V70 サーモスタット交換_c0267693_18452860.jpg
ボルボの中型ワゴン、V70です。シンプルですが飽きの来ない一台です。
「冷却水の温度が低いきがする」とのご依頼でご入庫いただきました。
診断機をつないでエンジンをかけていると、確かに70度くらいまでしか水温が上がりません。(正常は90度前後です)
点検をすると水温調整の要サーモスタットの不具合が見つかりました。漏れも見られましたので交換です。
VOLVO V70 サーモスタット交換_c0267693_18473939.jpg
VOLVO V70 サーモスタット交換_c0267693_18473397.jpg
エンジン横の赤丸部分に部品は取り付いています。
VOLVO V70 サーモスタット交換_c0267693_18453505.jpg
中身のみ交換できる車両もありますが、このお車はアルミのユニットごとの交換になります。
十分な試運転と暖房チェックも行い、お返しすることが出来ました。ありがとうございました。

これから寒くなってきて暖房の活躍するシーズンです。あったまらないなあ、という場合この部品の交換時期かもしれません。
ではまた、掛川中央自動車 Kでした。

by chuo-jidosha | 2019-10-03 18:56 | europe

VOLVO V40 車検整備

みなさんこんにちは。掛川 中央自動車 Kです。
昨日からラグビーワールドカップが開幕しましたね。弊社近くのエコパスタジアムでも4試合の熱戦が予定されています。
観戦の折は、ぜひ弊社にもお立ち寄りくださいね。

今日のお車はこちら
VOLVO V40 車検整備_c0267693_08453663.jpg
ボルボのコンパクトハッチバック、V40です。
今回車検整備のご依頼を賜りました、ありがとうございます。
VOLVO V40 車検整備_c0267693_08454952.jpg
VOLVO V40 車検整備_c0267693_08454312.jpg
VOLVO V40 車検整備_c0267693_08455706.jpg
こちらのお客様はオイル類の交換はまめにしていただいていて、今回はそれ以外の箇所の整備を重点的におこないました。
スパークプラグ、エアコンフィルタ、バッテリ(5年経過していました)の交換を行わせていただき、ご納車させていただきました。

人間もクルマも日ごろの点検が大事です。小さなことでもお気軽にお声かけくださいね。
掛川 中央自動車 Kでした。

by chuo-jidosha | 2019-09-21 08:53 | europe

レンジローバー ディフェンダー 車検整備と異音修理(ショックアブソーバーブッシュ交換)

みなさんこんにちは、掛川 中央自動車 Kです。いつもご覧頂きありがとうございます。
日中はかなり暑い日が出てきましたね。エアコンの点検整備は今の時期がお待たせせずに出来ます、お声かけくださいね。
今日のお車はこちら。
レンジローバー ディフェンダー 車検整備と異音修理(ショックアブソーバーブッシュ交換)_c0267693_15333536.jpg
ランドローバーのヘビーデューティーモデル、ディフェンダーです。長きにわたって生産されているモデルで、先ごろ最終モデルが発売された人気者ですね。
車検整備のご用命をいただき、試運転を先にしていた時足回りよりゴトゴトガタガタと音がしているのに気づきました。
レンジローバー ディフェンダー 車検整備と異音修理(ショックアブソーバーブッシュ交換)_c0267693_15340691.jpg
車検お見積り時リフトアップしてみると、前側のショックアブソーバー上下のブッシュが痩せており、ショックアブソーバーががたついているのが分かりました。
レンジローバー ディフェンダー 車検整備と異音修理(ショックアブソーバーブッシュ交換)_c0267693_15344181.jpg
レンジローバー ディフェンダー 車検整備と異音修理(ショックアブソーバーブッシュ交換)_c0267693_15351205.jpg
赤丸のなか右側が新品、左側がついていた部品です。厚みが半分以下になっています。
左右ともショックアブソーバを取り外し、ブッシュの交換を行いました。
車検自体はエンジンオイルの交換のみで作業も終わり、無事お返しすることが出来ました。ご入庫ありがとうございました。

車検は車の健康診断のよい機会です。私たちにぜひお任せ下さい、安心してお乗りいただけるようにしっかり整備させていただきます。
ではまた、掛川 中央自動車 Kでした。

by chuo-jidosha | 2019-05-17 08:48 | europe

ジャガー Xタイプ 充電警告灯点灯 整備 (オルタネータ交換)

みなさんこんにちは、掛川 中央自動車 Kです。
お車の調子はいかがですか?定期点検は大事なお車の健康診断、いつでもご用命くださいね。
今日のお車はこちら
ジャガー Xタイプ 充電警告灯点灯 整備 (オルタネータ交換)_c0267693_17011786.jpg
ジャガーの小型サルーン Xタイプです。ワゴンタイプがワインレッドとよくお似合いですね。
「メーター内のバッテリのマークが点灯して、エンジンのかかりも悪い」とのご依頼でご入庫頂きました。
点検を進めていくと、車載の発電機(オルタネータ)から全く出力がありません。
オルタネータの交換を進めていきます。
ジャガー Xタイプ 充電警告灯点灯 整備 (オルタネータ交換)_c0267693_17012548.jpg
このお車はV6エンジン横置きですので、エンジンルームがかなり混み合っています。
リフトアップして、エアコンコンプレッサを外し
ジャガー Xタイプ 充電警告灯点灯 整備 (オルタネータ交換)_c0267693_17013103.jpg
ジャガー Xタイプ 充電警告灯点灯 整備 (オルタネータ交換)_c0267693_17013799.jpg
ようやくオルタネータにたどり着きました。イギリスのメーカーですがオルタネータはデンソー(日本)製ですので、部品調達もスムースにすすみました。
ジャガー Xタイプ 充電警告灯点灯 整備 (オルタネータ交換)_c0267693_17014237.jpg
弱ってしまったバッテリも交換させていただき、試運転の後お返しすることが出来ました。
ご入庫ありがとうございました。
どんな車にも装備されている「バッテリの形をした、赤い警告灯」
これはバッテリ単体の不具合でなく、発電(充電)系統の重大な故障のサインです。早めの整備をおすすめします。
ではまた、掛川 中央自動車 Kでした。


by chuo-jidosha | 2019-02-08 14:02 | europe

スマート パワーウインド修理(ウインドリフタ交換)

みなさんこんにちは、掛川 中央自動車 Kです。冬本番、バッテリの弱い朝などありませんか?早めの点検で安心ドライブを。
今日のお車はこちら
スマート パワーウインド修理(ウインドリフタ交換)_c0267693_17364362.jpg
スマート、初代のタイプです。20年近く前のクルマとは思えないくらい今見ても新鮮な一台です。
ご依頼は「運転席の窓が途中から閉まらなくなった」とのこと。
早速整備にかかります。
スマート パワーウインド修理(ウインドリフタ交換)_c0267693_17365586.jpg
運転席のドアのパネル(外側と内側)を外しガラスを取ると、ドアの中身はこうなります。アルミ材でつくられた贅沢な構造です。
スマート パワーウインド修理(ウインドリフタ交換)_c0267693_17364945.jpg
中央にあったウインドリフタ(ガラスの昇降機(エレベータ))を外します。
スマート パワーウインド修理(ウインドリフタ交換)_c0267693_17370079.jpg
右が新品、モーターに不具合はありませんので移植して使用します。
組み付け後しっかり作動点検を行い、お返しさせていただきました。ありがとうございました。

スマートのこの整備を行う際、ドアの分解がもっとも緊張する作業です。ドアパネル(青い部品)が破損することもあるからです。
これは部品の硬化によるものですので、お見積りの際はパネル交換費用もあらかじめ含んだ内容でお話させていただくこともあります、ご了承ください。
ではまた、掛川 中央自動車 Kでした。

by chuo-jidosha | 2019-01-18 08:21 | europe

レンジローバー 警告灯点灯 修理(ステアリングアングルセンサ交換)

みなさん、こんにちは。掛川 中央自動車 Kです。
いつもブログをお読み頂きありがとうございます。今回は前回ご入庫のレンジローバーの続編です。

レンジローバー 警告灯点灯 修理(ステアリングアングルセンサ交換)_c0267693_17570521.jpg
サスペンション修理が終わり、再点検しているとメーター内にESPやブレーキの警告灯が点灯しています。
お客様に伺うと「ときどき点いたり消えたりするよ」とのこと。
診断機で確認をするとハンドルの切れ角を測るセンサ(ステアリングアングルセンサ)の値に異常が見られます。
部品の不具合と判断し、交換作業に入ります。
レンジローバー 警告灯点灯 修理(ステアリングアングルセンサ交換)_c0267693_17564671.jpg
レンジローバー 警告灯点灯 修理(ステアリングアングルセンサ交換)_c0267693_17565132.jpg
エアバッグやハンドルを外し、その下に有るコラムユニットを取り外します。
レンジローバー 警告灯点灯 修理(ステアリングアングルセンサ交換)_c0267693_17565584.jpg
レンジローバー 警告灯点灯 修理(ステアリングアングルセンサ交換)_c0267693_17565813.jpg
そのコラムユニットの一番下にあるのが「ステアリングアングルセンサ」です。(黄色のテープを貼った部品です)
ここまでたどり着くのに結構な時間がかかりました、、。
部品を交換しセンサの作動チェック、キャリブレーションを行い、無事にお返しすることが出来ました。

100000km超えのお車でしたが、現代のSUVとは違う重みの有る走りと乗り心地が試運転で感じることができました。
私たちは英国車(ジャガーやランドローバーなど)の販売数は少ないですが、整備に関しては万全の体制でお応えできます。
ぜひお声かけくださいね。
ではまた、掛川 中央自動車Kでした。


by chuo-jidosha | 2018-07-06 08:22 | europe

レンジローバー エアサスペンション修理

みなさんこんにちは、掛川 中央自動車 Kです。
そろそろ夏の足音もきこえてきましたね。お車のエアコンの調子はいかがですか?真夏になる前に是非点検を。

今回のお車はこちら
レンジローバー エアサスペンション修理_c0267693_17560064.jpg
イギリスのSUVの名門、レンジローバーです。ランドクルーザーとともに世界のSUVの王様として君臨していますね。
ご依頼内容は、「駐車して一晩経つと左の前が下がって、車が傾いている」とのこと。
お預かりして半日置いただけで車が斜めに傾くのがわかりましたので、整備に着手します。

レンジローバー エアサスペンション修理_c0267693_17562922.jpg
この写真の円盤状の部品の上、エアサスペンションストラットに漏れがあり車高を保持できない状態です。
サスペンションを交換します。
レンジローバー エアサスペンション修理_c0267693_17563387.jpg
下が交換部品、上が新品です。100000kmお疲れ様でした。
部品交換実施し診断機によるキャリブレーションを行い、作業完了です。

が、お返しする前に別の不具合が発見され、整備はまだ続きました。
次回の記事でお話させて頂きますね。
ではまた、掛川 中央自動車Kでした。


by chuo-jidosha | 2018-06-29 08:29 | europe

ボルボ V60 車検整備

みなさんこんにちは。掛川 中央自動車 Kです。
お住まいの近所ではさくら満開でしょうか?掛川はことしのさくらは早く、近所から花びらが舞ってくることもある日々です。

おかげさまで私Kの書く整備ブログ、今回で60台目になりました。弊社をご利用頂くお客様、そしてブログにアクセス頂く読者のみなさんのおかげです。
ありがとうございます。
今日のお車はこちら
ボルボ V60 車検整備_c0267693_15494529.jpg
ボルボのミドルクラス V60です。弊社にV40のお客様がいらっしゃいますが、、並べてみると60のほうがゆとりのサイズですね。
今回は車検整備でご入庫いただきました、ありがとうございます。
ボルボ V60 車検整備_c0267693_15495134.jpg
走行距離の大変少ないお車で車検に不合格になるような箇所もなく、ブレーキオイル交換のみの整備でした。
輸入車は「整備にお金がかかって、、、」という話は本当に過去の物になってきてるなあと感じます。
ボルボ V60 車検整備_c0267693_15495784.jpg

整備中に目をひいたのはこのシフトノブ、絵心がないのでうまく撮れていませんがクリアなカバーの中にシフトパターンが浮きあがってみえます。
ボルボらしいスタイリッシュさだなあと感心しました。
またのご入庫おまちしています、ありがとうございました。

ではまた、掛川 中央自動車 Kでした。

by chuo-jidosha | 2018-04-06 07:04 | europe

ボルボ 850 T5-R 冷却水漏れ修理(ヒーターコア)

みなさんこんにちは、掛川中央自動車 Kです。
春めく日もふえてきましたが、春スキーでスキー場スノボゲレンデ等にお出かけの際はぜひ点検を。
バッテリ上がりで立ち往生、なんてことも事前の整備で予防できますので。

今日のお車はこちら
ボルボ 850 T5-R 冷却水漏れ修理(ヒーターコア)_c0267693_17021771.jpg
ボルボ850の最上級モデルT5-Rです。
http://www.webcg.net/articles/-/32795
当時(もう20年前です)としては大径の17インチホイール、240馬力のターボエンジン。
当時の市販車レースDTMのイメージもあり、大ヒットした一台です。
「エンジンをかけると室内が水浸しになる」ということで緊急入庫です。
ボルボ 850 T5-R 冷却水漏れ修理(ヒーターコア)_c0267693_17023039.jpg
原因はこちらの部品(右がNG品です)
ヒーターコアといって、エンジンの冷却水を室内に循環させ暖房に使用する部品です。
長年の使用で圧力がかかり水漏れしてしまいました。
ボルボ 850 T5-R 冷却水漏れ修理(ヒーターコア)_c0267693_17023771.jpg
ボルボ 850 T5-R 冷却水漏れ修理(ヒーターコア)_c0267693_17024599.jpg
ボルボ 850 T5-R 冷却水漏れ修理(ヒーターコア)_c0267693_17025094.jpg
着いている場所はダッシュボードの下、ステレオの奥のほうです。
たいていのクルマの場合、ヒーターコアを交換するにはダッシュボードをすべて外す必要があり工賃も高額になります。
この850シリーズは半分程度の分解で交換ができますので、作業もしやすいです。
室内乾燥をし、冷却水を循環させて試運転。無事お返しすることが出来ました。
ご入庫ありがとうございます、また整備の際はよろしくおねがいいたします。

Kは20年前ボルボディーラー勤務をしており、850にはひとしおの思いがあります。
まだ元気で走っている姿を見てうれしかったですね。
ではまた、掛川中央自動車 Kでした。



by chuo-jidosha | 2018-03-02 08:28 | europe