人気ブログランキング |
ブログトップ

掛川・中央自動車 

cjidosha.exblog.jp

アルファロメオ MITO(ミト) パワーステアリング修理

こんにちは、掛川中央自動車 Kです。いつもブログを読んでいただきありがとうございます。
最近はGOOGLEの検索やYAHOOの検索から見えていただく方も多く、アクセスが多くうれしい限りです。

今日のお車はこちら
アルファロメオ MITO(ミト) パワーステアリング修理_c0267693_16242288.jpg
アルファロメオの小型モデル MITO(ミト)です。
ボリューミーに見えますが、大きさはBMWミニと同じくらいで取り回しもしやすく女性に人気の一台です。

ご依頼は「メーター内にパワーステアリングの警告灯が時々点灯する」
ハンドルが重くなることも一回有ったとのことで、早めにお預かりをさせていただきました。
故障診断機で診断したところ、電動パワーステアリング内部の部品(センサー)に不具合があることがわかりました。
ただ、センサーは単品の供給が無くパワーステアリングユニット全体での部品交換になります。
新品部品は150000円、今回は中古部品をご用意させていただきリーズナブルに修理させていただくことになりました。
アルファロメオ MITO(ミト) パワーステアリング修理_c0267693_16235608.jpg
アルファロメオ MITO(ミト) パワーステアリング修理_c0267693_16244510.jpg
パワーステアリングユニットは室内のハンドルの下にあります。
ここまで取り外しをして
アルファロメオ MITO(ミト) パワーステアリング修理_c0267693_16241255.jpg
この部品を交換します。
パワーステアリングもいまは電気のモーターで動かす車種がほとんどです。
(以前はオイルをつかった油圧制御のものが多かったです)
大きくしっかりと重みのあるモーターがついています。
交換後、故障診断機による基本調整、試運転を行い無事お返しすることができました。ご入庫ありがとうございました。

余談ですがこの故障部品を分解してみました。
故障箇所のセンサーは見た目ではなにが悪いのかさっぱりわかりません。
診断機をつなぎながら動きを擬似的に作ってみると、ほんのちょっとした動きでセンサーの値が変化するのが見えましたが微調整が非常にむずかしく、メーカーがこのセンサーを単品で供給しない理由がわかった気がします。

ではまた、掛川中央自動車 Kでした。




by chuo-jidosha | 2018-02-02 13:09 | alfaromeo
<< フィアット500 ツインエアー... ポルシェ カイエン ウインカー... >>